いわい:IWAI の強み since 1943

100年企業をめざしています since 1943

【ものづくりは、ひらめきの連続】

  < 大自然の摂理にならうものづくり > 

東洋初のロボット、昭和初期に制作された「学天則」 この名に「天則に学ぶ」意が込められています。 

学天則・・・かれの左手に握られた霊感灯(インスピレーション・ライト)がひらめくと、学天則はまるで霊感を受けた
詩人のようにカッと目を開き、天を仰いでにっこり微笑み、右手に執ったペンの代わりにかぶら矢をするすると滑らせて文字を書く。それから創造の苦しみをあらわすかのように、顔をゆっくり左右に動かす。その動作がとても機械とは思えないほど自然・・・。
「大東亜科学綺譚(荒俣宏著)」

 

ものづくりは、ひらめきと絶妙なタイミングの連続です。その過程を経て作り出される製品に私たちは誇りを持っています。

【お客様のつくりたいもの・・・社員みんなで考えています】

いろいろな人生を歩んだ仲間が集まり、いろいろな角度からお客様のものづくりに、みんなで取り組んでいます。

【創って、つくって、造り上げる】

いわい のDNAを活かし、最後のひと磨きまでつくりこむ「人の心を動かす」商品を世に贈ります。

【お客様のブランドに対する取り組み】

お客様のブランドに添えるようお客様のブランドを理解しながらものづくりを進めます。
ブランド製品をつくりあげるには、私たち作る側のみならず、販売されるお客様との意思統一が必要であると考えます。
企画する、作る、売る、アフターケアする・・・それぞれの立場のみなさんと一丸となって時間と労力を共有し、ブランドは成立すると捉えています。

【100年企業をめざしています】

創業は、昭和18年。since 1943
これから100期を通過点としてめざし、邁進します。

 

【泣き笑い怒り人形】

1970年代に欧米などでも流行った人形があります。泣いて、笑って、怒っているソフビ人形です(Made in Japan、IWAI Industrial Co., Ltd と刻印表記)。ご存じの方も多いかと思います。
いわいは、人の抱く感情、気持ちを大切にこれからもものづくりを続けます。since 1943